人気ブログランキング |

日本少年野球連盟(ボーイズリーグ)大阪阪南支部所属、堺ビッグボーイズのブログです


by sbb_blog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ミスの多いいスポーツ! (小学部)

お世話になっております!

3月に入り暖かい気温の中、野球ができる日が増えてきました!

f0209300_21244062.jpg

小学部の4年生から6年生までが出場できる公式戦が、先週で終了しました。

決して多くはない試合数でしたが、トーナメント戦のような、負けたら終わり というやり方ではなく、
出場チームが同じ数だけ試合ができる、リーグ戦形式で行われました。

f0209300_21211185.jpg
f0209300_21230657.jpg

高校野球で考えてみると、甲子園に出場するために行う、各都道府県での予選はトーナメント形式です。

全国に約4000校ある出場校がトーナメント戦をすると、1回戦で敗退する高校は2000校ということになります。
次に、2000校が2回戦へ進み、1000校は敗退します。
こうして、勝ち残った高校が甲子園に出場するのです。

トーナメント形式ですと、負ければ次がないわけですから、最優先事項は 勝つ ことになります。

試合なので、勝つために一生懸命になることは当然のことだとは思いますが、
起用する選手が偏ることなどから、身体への負担が大きくなることも事実です。


一方、リーグ戦の場合は、負けても勝っても明日また試合があります。

すると、選手への負担も軽減できますし、過度なプレッシャーを感じることもなくなるでしょう。

ミスをしたとしても、明日またチャレンジできる環境です。 

一見、トーナメント戦の方が厳しい環境に見えますが、どうでしょう。

負けても終わりではなく、ミスをしたならば、そのことと向き合い、
自身で工夫を施し、また明日の試合に向けて準備をする。
このやり方も、決して楽なことではないと思います。

どちらがいいと言うわけではありませんが、
子供にとってベストな環境は何か。

子供が、物事や起きた事実に対して、積極的に向き合い行動できる環境は、将来に繋がるかと思います。




100人程の中学部の選手が応援に来てくれたこともあり、小学部の子供達は少し緊張気味でした!

f0209300_21233833.jpg

現在3年生の子達も、4月からは試合に出れるとあって、今から楽しみにしています!

f0209300_21222080.jpg

f0209300_21241056.jpg

f0209300_21252556.jpg
本日もありがとうございました!


小学部 Sコーチ


小・中学部ともに練習見学・体験は随時行っています。
お気軽にお問合せ下さい!!


<問合せ先>
TEL 072-277-3393  コーチ:久富(ヒサトミ)
E-mail  
info@bb-future.net
URL: http://bb-future.net/sakaibb

 





トラックバックURL : https://blogsbb.exblog.jp/tb/27617784
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sbb_blog | 2017-03-07 07:37 | Trackback | Comments(0)