人気ブログランキング |

日本少年野球連盟(ボーイズリーグ)大阪阪南支部所属、堺ビッグボーイズのブログです


by sbb_blog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

チームの決めごと

皆さんこんばんは。
投稿が遅くなりました。

土曜日は、全学年が練習試合を行いました。

私は、一年生の試合で初めて監督を務めさせていただきました。
結果は、二試合とも勝利。
選手も溌剌とプレーしてくれていました。

選手よりも、監督が緊張していたのでは?
そんな声もあったとかなかったとか…(^_^;)

今回の練習試合で、事前に選手に課題として伝えていたのは、以下の三点です。
・攻守交代など、グラウンドでは駆け足で移動
・バット引き、ランナーコーチなどのベンチの仕事をしっかりする
・積極的な走塁をする

まだまだ、いきなり完璧にはできませんが、これからじっくり、これらのことに組んでくれればと思います。
野球のプレーに対する課題は、二の次、三の次です。

また、改めて書く必要もありませんが、堺ビッグボーイズでは、試合中以下のことにも取り組んでいます。
・球数の制限(一年生はこの試合は30球まで)
・相手を貶めるような野次は禁止、相手のエラーを喜ばない(保護者の方にもご協力をいただいています)
・相手のファインプレーにも拍手を送る

監督をさせていただき、改めてこれらの取り組みの重要性を感じました。
目の前の勝ち負けより、野球の試合を通して、相手に敬意を払い、野球ができることへの感謝の気持ちを養うことのがよっぽど大切です。
球数の制限は、選手の将来を考えてのことです。

教育現場で行われる勝利至上主義の試合はまだまだ多いと感じています。
そうやって育った子どもたちは、弱い存在にに敬意を払いませんし、自分が何かで負けた時に、それを認められなくて、自暴自棄になったりします。
私もそういった選手を多く見てきましたし、私自身ももそういう時期がありました。
しかし、それでは決して豊かな人生を送ることはできません。

少年野球の勝ち負けで、世の中の何が変わるというのでしょうか?
それで一喜一憂していて、果たして子どもたちの教育になっているのでしょうか?

決して勝つなということをいっているのではありません。
人として、当たり前のことをまず徹底する。教育的視点を忘れず試合をする。
その上で、勝利を目指す。
それが大切なことなのではないかと感じています。

偉そうなことを書きましたが、今回は自分の力不足を感じた試合でもありました…。
選手が気持ちよくプレーできるように、私も成長して参ります!
これからも、野球ができることに感謝して、プレーをしていきましょう!

Iコーチ
トラックバックURL : https://blogsbb.exblog.jp/tb/22492159
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sbb_blog | 2014-07-08 01:03 | Trackback | Comments(0)